ニューヨーク:インターンシップ体験談【ホテル業務】

今回のインターン体験記は、ニューヨークのホテルでの短期インターンシップにご参加いただいた、K.Yさんにお話を伺いました。ホテルインターンは英語力により業務内容は様々!英語に自信のある方は挑戦する価値有です! 美味しい賄もついてます。体験談インターンを通して素敵な出会いがあり、日本とアメリカの違いなども分かりやすくお話しされております。このインターン経験が、K.Yさんの今後のキャリアに少しでもお役に立てる事ができたら大変に嬉しく思います!素晴らしい体験談を皆様にお届けしたいと思います。

ニューヨークのホテルにて、1カ月間のキャリアトレーニング!

僕のインターン先はニューヨークのホテルです。ホテルスタッフの方々は、とにかく、皆さんfriendly!!どんな場所ですれ違っても Hi ! How are you ? のようにいつでも声をかけてくれました。これは実際に働いてみて日本とアメリカの違うところだなと思ったのは、日本の場合、お店が忙しい時に分からないことを上司に聞くと、大概が口頭だけの説明でしっかり理解をすることができません。しかし、アメリカの場合はどんだけ忙しくても、一旦作業を止めてくれて話をちゃんと聞いてくれて、その後にしっかりと説明をしてくれます。さらに、わからない場所まで連れてってくれます。これにはとても驚きました。

仕事の内容としては、フードサーバーやホスト(レストランのドアの前に立ち、予約の確認をし、その後お客様を席まで連れて行くこと)でした。最初は、仕事の内容でさえ大変なのに、丁寧な英語を意識しなければならなかったので、とても頭がパニックになりました。また、極力お客様と会話をして英語を使いたいと思っていたので、食事中のお客様との会話のタイミングも試行錯誤しました。2〜3週目になると、会話のタイミングや仕事内容もスムーズになり、最終目標も設定できました。それは、日本に帰るまでにディナーでオーダーを取る!ということでした。これは、1か月のインターンでは到底難しいことです。さらに、レストランにはそれぞれランクやポジションがあるので、いきなり来た日本人が容易にオーダーを取ることはcrazyな発想でした。勿論、自分でも目標を周りに言い続けるだけでなく、ディナーメニューの全てを調べていつでも聞かれたら答えられるようにするなど対策をしました。しかし、レストランの名誉や評価、自分の立場を考えすぎて新しいことを学ぶことを怯えていました。そんな時、ヘッドコーチから「今までに俺がお前の提案にNOと言ったことがあるか?もし失敗をしてもお前には俺らがついている!」と力強いメッセージを貰いました。その後、最終日のディナーの時に先輩スタッフさんが横に付きながらではあったが、無事にオーダーを取ることができました!!このことは、日本に帰って、これから始まる就活やその後の様々な困難が降りかかった時に、自分の中の自信になります。ヘッドコーチの言葉から、アメリカでは立場がそれぞれバラバラでも、それは1つの”family”として捉えるんだなと思いました。familyの一員が何かに挑戦したり、困ったことがあったらfamily全員でその人を助ける!という概念なのだと私は思いました。

この1か月で経たたくさんの経験は僕の一生の宝物です。 全体的にすごく充実し、楽しくインターンを終えられたのでインターン先やホームステイ先を紹介して頂いた皆様には感謝感激です!!

休日の観光

休日は、ホテル業というのもあり土日は休むことができないので、基本的に平日休みでした。休みの時は、積極的にマンハッタンの方まで出向き、限られた時間ではあるが観光をしていました。9,11 memorial park やハロウィンパレードなどニューヨークを満喫することができました。また、このインターンに参加する前に語学学校に行っていたので、そこで出会った友達とも観光ができました。

(ハロウィンパレード)

(ブルックリンブリッジにて)

ホームステイ先

ホストファミリーはユダヤ系アメリカ人でした。なので、毎週金曜日は家族みんなで食卓を囲み夕食を食べるというのが、ルールです。その夕食会に1度参加をしました。みんなと和気あいあいとおしゃべりをしたり、日本食を紹介したり、ホームステイ先のお子さんと一緒に遊んだりしました。ステイ先にはお子さんが二人居て、これが僕にとってはすごく大きなことでした!なぜなら、自分の語学力と2〜3歳児のアメリカの子どもの語学力やスピーキングが同じレベルにあると思うからです。また、単に自分が子どもが好きということもあって、すごくこの家庭と相性が合い、居心地がよかったです。最終日にはいつでもアメリカに来た際は泊めてあげるから連絡をしてね!って言ってくださり、アメリカに新たな家族ができたような感覚になりました。

海外でのインターンは楽しい事だけではないと思います。私事ですが、初めての海外でのアルバイト先がホテルでした。 お客様の予約を間違えてしまったり、大量のお皿をひっくり返してしまったことがありましたが、、誰も怒る事なく、落ち込む私に、美味しい賄を出していただいた事を思いだしました(笑) K.Yさんが担当されたレストランは、ミシュランガイドにも載るほどの有名店で、接客は大変だったと思います。ご自身で立てた目標を達成した事は、どんな小さい事でも必ず成長のバネになると信じております。そして、せっかく出合ったニューヨークの第2の家族に、きっとまた会いに来てください! 今後のご活躍を応援しております!

その他のニューヨーク情報は下記をご覧ください!

🔗 お勧めスポット・生活情報(東海岸)
🔗 キャリアトレーニング特集